避難先を事前に確保しよう|関東地震を予測して避難できるようにしておこう

災害情報局

予測した後押さえておきたいのは避難する場所

避難先を事前に確保しよう

地震

市町村が用意した避難所

地震予測ができるサービスで大きな地震が来るなどの情報があった場合は、市町村が予め用意している避難所を把握することが大切です。多くは高台にある学校や公民館、団地などです。

一時的に避難する場合

関東地震の影響でもし交通網が止まった場合、帰宅難民者の保護にあたる避難所を一時的に用意することがあります。指定先は主に大きな広場や校庭、公園です。

避難生活を余儀なくされたケース

家屋への被害が確認されると、復旧作業が済むまで避難所への生活を余儀なくされます。食べ物の提供やトイレ完備、宿泊ができるという理由で小中高が指定されています。

情報を集める場所

関東地震を予測できるサービスでも取得できますが、市町村が設けているマップにて避難所を見つけることができます。防災関連の豆知識と医療機関や給水できる場所など情報がほしい時にも役立つでしょう。

避けるべきポイントをランキングでチェック!

no.1

古い建物がある道

新しい建物は震度に耐えるくらい丈夫ですが、古い建物は震度5レベルの関東地震でも崩壊する恐れがあります。避難所に向かう際は、なるべく通らない方が身のためでしょう。

no.2

ガラス張りになったビル

激しい揺れで上からガラスが降ってくる可能性があるので最も注意が必要な場所です。どうしても通るなら大きめのかばんや防災ずきんを常備しておきましょう。

no.3

落石の恐れがある場所は要注意

揺れの影響でがけにある石が手前にずれることがあります。そのため、地震が予測できた時点でなるべく避けるのが命を守ることに繋がります。これは土砂災害が毎年発生するところにも同じことが言えるので肝に銘じておきましょう。

広告募集中