最新の防災グッズ|関東地震を予測して避難できるようにしておこう

災害情報局

防災グッズは関東大震災の予測後に必ず力になる

防災グッズを見直してみよう

前から備えてある防犯グッズも、いざ関東地震が発生した時にきちんと使えるか心配でしょう。一度、家にある防犯グッズをチェックし、買いなおす必要があるかどうか検討しましょう。

最新の防災グッズ

地割れ

ストローをさすだけで新鮮な水が飲める

関東地震で最も心配されているのが飲み水。人はこれがないと生きていけないため、数十本用意している家庭もあるくらいです。また備えがあってもライフラインの復旧が予想以上に遅くなればやがて尽きるでしょう。近年は、専用のストローを使用することで塩水を除去し、飲用水として飲むことが可能になるグッズも登場しています。関東地震の予測ができたらぜひ備えたいグッズです。

電池がなくても作動する懐中電灯

一般的な懐中電灯は電池がないと照らすことができませんが、本体を振ったり手で回して使えたりするグッズは電池不要なので災害時に重宝するでしょう。さらに進化したものはラジオや携帯・スマホの充電など幅広く活用できます。

美味しくなった食品

日持ちする非常食は、味もそこまで美味しくないのではというイメージがありますが、改良されたものはまるでカフェで食べているかのように美味しくなっています。見た目も非常食っぽさがなく、保存料が使われていない点も評価したいところです。

ブランケットもここまで進化している

よく利用されるアルミタイプのブランケットは、穴が開くとびりびりと破けてしまうため使い物になりませんが、特殊な加工がされたブランケットはたとえ穴があってもそこから裂けるというようなことはありません。色も目立つので救助隊から発見されやすいという利点があります。

広告募集中