災害情報局

関東地震を予測して最悪の事態を免れよう

続々と報告されている

関東地震がくるかもしれないという予測は、随分前からいわれていますが、それに乗っかる形で地震の前触れともとれる状況が度々報告されています。もしかしたら今日、明日にも発生しそうですが予測出来れば安心して過ごせるでしょう。

予測をする重要性

日本

大切な家族を守ることができる

震源地から地震の大きさがわかる他、過去に起こった地震のデータを予測に役立てることができます。さらには、メールにて週2回ほど、地震のお知らせを受け取ることができます。家族や自分の身を守る重要なサービスなのでぜひ使いたいものです。

細かい情報が一目でわかる

予測できるシステムでは、揺れの強さと地震が来る可能性がある日付、発生場所などの細かい情報を得ることができます。また、地震の規模もシステムにて確認ができるので、情報を元に行動に移すことができます。

災害に備えるための情報

地震計

備えておきたいグッズ

関東地震に備えるためのグッズは沢山あります。その中でもあったら助かるものを紹介しています。

READ MORE
防災グッズ

震度で見る危険度

地震の大きさで緊急性が違ってくるため、危険サインを見逃さないためにも揺れの大きさに関する情報は知っておくべきです。

READ MORE
地割れ

最新の防災グッズ

今ある防災グッズで数年経過しているものもあるのではないでしょうか。最新グッズを用意する予定があるならぜひ覗いてください。

READ MORE
地震

避難先を事前に確保しよう

関東地震の予測ができても避難先がわからなければ危険にさらされる可能性大です。避難先に指定されやすい場所をこちらで紹介しています。

READ MORE

新着情報

的中率の高い方法

no.1

地震電波を観測するアンテナ

大津波が襲った東日本大震災の発生前に起こった現象を観測したのがELF帯電波です。観測されたデータはすでに論文にて発表されており、どこでいつ発生するのか地震が出す電波をキャッチすることができます。これからくるかもしれない関東地震の前触れを私たちに教えてくれる頼もしい予測方法です。

no.2

地圏を観測して予測する

岩盤破壊は、地震の前に発生する現象です。発生に伴いULF帯電波を直接受信することが地震の前触れを予測する鍵になります。ただ微弱な電波であるため判断が難しい部分がありますが、垂直成分と磁界にある水平成分を使った解析で地震の前兆かどうかを知ることに成功しています。

no.3

正確な予測ができる電離層

小さい地震から大きい地震まで素早くキャッチできる方法は電離層(D層とE層)の観測です。地震の発生前は、電離層の乱れが微妙に発生しており電波を反射させる高度が下がることもわかっています。すでに電離層の乱れを解析できる方法が出来上がっていますから、関東地震の前触れをより正確に知ることができます。

[PR]

関東地震の予測サイトで災害対策をしておこう
最新情報がすぐに手元に届くのが魅力☆
広告募集中